LIFESTYLE

誰もがリスペクトする伝説のサーファー「エディー・アイカウ」

31 5月 , 2016  

yjimage

 

エディ・アイカウは、オアフ島ノースショアのワイメアベイの最初の公式ライフガードとして知られ、弟のクライドと共に何百人もの命を救いました。また彼はサーファーとして世界で最も大きな波に乗り、1967年から1978年までノースショアの全てのビッグウェーブを制覇した伝説的な人物です。エディは、プロサーフィンの世界ランキングで12番目のランクインを達成し、1977年デューク・カハナモク サーフィン選手権でヒート最高点をマークし優勝しました。

 

彼は1978年、ポリネシア諸島を回る文化遠征を目的としたホクレア号の一員として選ばれ、1978年3月16日オアフ島のマジックアイランドからタヒチへ向かいました。その日は天候も悪く、ホクレア号は外洋にでてからすぐに荒海に遭遇してしまったのです。カヌーは転覆し、荒れた海の中、エディは他の乗組員を助けるためにサーフボードで島に救助を求めに向かいましたが、再び戻ってくることはありませんでした。その後すぐにエディのためにハワイの歴史上最大規模の海空共用の捜索活動が行われましたが、エディの姿を見つけることはできませんでした。

 

1984年、エディの栄誉を称え、クイックシルバーはサンセットビーチでメモリアルイベント設立しました。翌年、イベントをワイメアベイに移し、それ以来定期的に開催されるイベントとなっています。そして2014年に30周年を迎えました。

 

Photo:https://www.quiksilver.co.jp/eddie-aikau/historyより引用

By  -  
ハワイとつながる" ハワイを感じる "



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA